自己紹介ってどうやるのがいい?

合コンでは自己紹介をする場面があります。ある程度知り合いがいる場合でも、ちょっとした時間で自分のことを話す必要があります。これを苦手に思って余り話さず終わってしまうこともありますが、実はその後の話をする上で非常に重要なポイントになっています。せっかくなので、有効活用できるようにしましょう。

まず、自己紹介の場面は文字通り自分を紹介するものではなく、後で個別に会話をする際の、ネタを提供すると思っておきましょう。ネタと言っても面白いものではなく、自分の経歴や趣味でいいです。特に、自分がその話題で長く話せるものがいいでしょう。それを事前に伝えておくことで、女性も話をしやすくなります。他にも、好きな番組、スポーツ、本、お店などでもいいでしょう。どこに住んでいるかというのも、意外と話題になるので、積極的に話をしていきましょう。

サポート役に回る

また一方で、その後の会話に自信があれば、わざわざ自己紹介を長々と行う必要はありません。むしろそこではシンプルで短いものにしておき、周りの紹介への反応に意識を向けましょう。例えば、紹介がうまくいかない人がいたらフォローをしてあげたり、言葉に詰まった人がいれば定番の質問をしてあげるといいです。このようにして、優しさや気遣いを見せてあげると好感度が上がります。理想を言えば、参加者がみんな楽しめるようにという気持ちでそのような一言を投げかけてあげれば、全体の雰囲気も良くなって、合コンが楽しいものになります。