メルアドかLINEのIDか

合コンの際に連絡先を聞くのは定番ですが、スマートフォンの普及とともに選択肢がいくつか増えてきました。以前ならばメルアドが基本で、電話番号も聞く、というのが基本でした。しかし、現在はコミュニケーションツールの数が増えてきており、中でもLINEなどはメールよりも使用頻度が高く、むしろLINEの番号を聞いたほうが連絡には便利という声も多いです。

まず、コミュニケーションツールとしての利用頻度で言えば断然LINEがいいでしょう。メルアドよりも気軽であり、聞いた後の連絡も楽です。ただし、LINEの登録にはIDが必要になります。メルアドと連携させている場合は、まずはそれを聞いてからとなりますが、そうでない場合はIDを聞く必要があります。しかし、ID登録をしていない場合もよくあります。その場合には、おすすめはIDの登録方法を教えてあげることです。それだけでしばらく話が出来ますし、一緒に作業をすることで距離が縮まります。

LINEは敷居が低い

LINEは入り口と考え、合コンの後でしばらく連絡をしたあとで、電話番号などを聞くといいでしょう。ただ、スマートフォンに使い慣れていない人、アプリをダウンロードしていない人もいます。その人に無理に登録をすすめるのはNGです。その場合は、赤外線通信などを行い、アドレス交換をするにとどめておきましょう。無事に交換が終わってからでもいいので、LINEの便利さ、スタンプ機能の面白さなどを種に会話をしていけば、ベストです。もちろん、それ以外のアプリを使っていれば、それを紹介してもいいでしょう。